マイイーサウォレットの利用方法

こんにちは、ICOサポートの戸風です。

今回は、イーサリアムベースの仮想通貨を保管しておくマイイーサウォレットの管理方法について記事にします。

ICOサポートも第3期となり、人によってはいくつものトークンを保管していたり、最近のICOでは50,000ドル分などトークンを受け取っている方も増えてきました。

仮に50,000ドル分のトークンが入っているウォレットをセルフGoxしたら、すべて失います。怖いですね・・・。

そこで、私がオススメする(個人的な保管方法ですが)マイイーサウォレットの利用方法をご紹介したいと思います。

マイイーサウォレットは複数作る

マイイーサウォレット関連の詐欺メールやフィッシングサイトが増えています。誤って秘密鍵を入力してしまうと、アカウントの中身をごっそり持っていかれてしまう場合があります。

つまり、秘密鍵を入力さえしなければ詐欺に遭うことはないので、「受信専用のマイイーサウォレット」を作成しておきます。

・マイイーサウォレット1 → ICOの送受信用
・マイイーサウォレット2 → トークン受け取り用(取引所にて売却する用)
・マイイーサウォレット3 → トークン受け取り専用(2~3年長期保有)

といった具合で、2~3つ使用しておくと万が一の時にリスクが軽減します。

例えば、30,000トークンを受信したら、「マイイーサウォレット2とマイイーサウォレット3に半分ずつ入れておくなど」するといいですね。

マイイーサウォレット3に関しては、ウォレットを作成して秘密鍵を印刷したら自宅の金庫や銀行の貸金庫などに入れておくと良いと思います。

私はコピーして、自宅の金庫と実家の両親の金庫に秘密鍵の紙を入れています。頻繁に秘密鍵を入力する必要がないので、安心です。

さすがに、1つのアドレスに数百万円分(1千万円近く)のトークンが入っている時に恐怖を覚えて、分散することにしました。Cindicatorも5分割して保管しています。

お気に入り以外からアクセスしない・URLは開かない

マイイーサウォレットのアドレスはコレです。

→ https://www.myetherwallet.com/

ここ以外からアクセスする(検索でサイトを調べる)などはしたくないので、ブラウザのお気に入りに入れておくといいですね。絶対にそこ以外からはマイイーサウォレットにはアクセスしない!くらいのルールを作っておくと良いです。

ICOに参加していると、slackやtelegramのチャットに参加することが増えるかと思います。スパムメールがたくさん届きますが、絶対にメール内リンクをクリックしないようにしてください。

大体は運営を装ってメールが届きます。ビックリするくらい精巧なので、本物かと思います。私は、運営からメールが届いたらslackやtelegramを確認して実際に送ったかどうか?などの状況を確認してからリンクをクリックするようにしています。

 

 

まとめ

上記の2点を守っていれば、基本的にセルフGoxする心配はないです。

何百万円分のトークンが入っているアドレスを頻繁に秘密鍵入れてアクセスするなんてさすがに怖いですよね。ちゃんと分けて保管しておいた方がいいです。

是非、参考にしてください。

 

 この記事へのコメント

  1. Nabe より:

    よく考えてみれば、日常生活でも、お財布や銀行口座を分散してますね・・・(^^♪
    この発想は、なかったです。
    ありがとうございます☆

  2. sugitatsu より:

    このような資産の防衛術も仮想通貨を取り組む上では軽視できないですね。
    ありがとうございます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Neonexchange(ネオンエクスチェンジ)のICO抽選登録方法

二段階認証アプリ『Google認証システム』の使い方!バックアップや機種変更時の...

CindicatorのICO参加方法

Neotrackerウォレットからレッドパルストークンの送金方法

NO IMAGE

【会員限定記事】11月参加ICOのホワイトリスト登録方法

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法とLIQUIDのICO参加方法