二段階認証アプリ『Google認証システム』の使い方!バックアップや機種変更時の設定は?

お世話になっております。ICOサポートスタッフの吉田です。

仮想通貨の取引所やウォレットなどでは、ほぼ間違いなく「二段階認証(2FAとも言われます)」が設定可能となっています。

後述しますが、この二段階認証という機能は仮想通貨を取引するうえで絶対に欠かせないといっても過言ではない、大切なセキュリティの一つです。

 

この二段階認証を設定しなかったばっかりに、ハッキングによって取引所の資産を盗まれたケースが多々あります。

 

ただ、場所によっては二段階認証が必須ではなく任意設定となっていることがあります。

国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)でも、一部任意での設定となっている部分があります。

 

今回は、二段階認証で最も利便性が高く使用頻度の多い「Google認証システム」というアプリについてご紹介していきます。

アプリ・Google認証システムとは?

そもそも二段階認証って?

「二段階認証」は、自分の口座やアカウントにログインする際に“設定してあるパスワードのほかにもう一つ、コードを入力する”というシステムです。

いわばカギを二重にかけている状態ですので、セキュリティの強度は非常に高くなります。

 

今のところ仮想通貨の取引所などでは大きなお金が動いているため、悪質なハッカーの攻撃対象の一つとなっています。

最近ではコインチェック事件がその例ですね。

もちろん取引所側の防御力がどんどん向上すれば必然的にハッキングの危険性も少なくなるわけですが、自分でも二段階認証設定しておいて損はありません。

二段階認証といったらコレ!

Google認証システムとは、二段階認証のためだけに作られているアプリです。

Googleが提供しているサービス(GoogleアカウントやGmailなど)のログイン時に使用できるのはもちろん、さまざまなネット上のサービスに使用することができます。

 

仮想通貨の取引所やウォレットで二段階認証を設定する際は、基本的にこの「Google認証システムアプリ」での二段階認証が求められます。

 

アプリ画面は、以下の画像のようになっています。

6桁のコードが二段階認証に必要なコードです。

 

例えばbitFlyerで二段階認証を設定したらbitFlyer専用のコードが、ブロックチェーンウォレットで二段階認証を設定したらブロックチェーンウォレット専用のコードが勝手に生成されます。

 

また、コードの右横に小さな円グラフのようなものが見られますね。

これは表示されているコードの使用期限を表していて、消えるまで数十秒かかります。

期限が切れると新しいコードが用意されます。

 

自分のアカウントで二段階認証を求められたときは、この円グラフが一周するまでの間にコードを入力しなければなりません。

二段階認証のメリット・デメリット

二段階認証を設定することで、非常に強いセキュリティを得ることができます。

アプリの特性上、数十秒でコードが新しくなるので第三者が不正にログインすることがとても難しくなります。

 

また、bitFlyerなど一部の取引所では、二段階認証を設定した状態でハッキング被害が出てしまった場合、その資産を保証する制度があります。

 

デメリットを強いて挙げるとすればログインに少し手間がかかるという点ですが、その手間十数秒と引き換えに補償や資産の安全性が得られるわけですから、二段階認証を設定した方が安心ですね。

Google認証システムの使い方

Google認証システムのダウンロード

Google認証システムは、iPhoneユーザーの方であればApp Store、Androidユーザーの方はGoogle Playからダウンロードすることができます。

今回はAndroid版でご説明します。

Google Playを開き、検索バーに「Google認証システム」と入力

「インストール」をタップ

この2ステップで簡単にダウンロードすることができます。

Google認証システムの使い方

Google認証システムは、画像にある赤い丸をタップすることで新規の二段階認証アカウントを設定することができます。

QRコードまたは取引所などで指示されたコードを入力しますが、たいてい仮想通貨取引所などではQRコードが用意されているので、サッと読み取るだけでOKです。

例として、ビットコインやイーサリアムを保管しておける「ブロックチェーンウォレット」での二段階認証設定の様子をまとめたものがありますので、こちらも併せてご覧ください。

http://ico-support.com/archives/1989

二段階認証設定の注意点

セキュリティを強固にできるため非常に有用なシステムである「二段階認証」ですが、その強いセキュリティ故に注意しなければいけない点があります。

 

何かというと、「設定時に発行されたQRコードを読み取り登録したスマホでしか認証できない」という性質です。

つまり、もしもスマホを水没させて壊れてしまったり紛失してしまった場合取引所やウォレットにログインができなくなってしまうのです。

 

取引所のサポートセンターと連絡を取って対応してもらうこともできなくはないですが、それが海外の取引所となると連絡を取ることも難しいですよね。

 

ですので、このようなスマートフォンの紛失・破損によるリスクを回避するためには“バックアップを取る”ことが求められます。

バックアップの取り方

バックアップの取り方についてはいくつか方法がありますが、大きく分けて

  • 取引所で発行されるバックアップコードをメモしておく
  • 読み取るQRコードをスクリーンショットしておく

この二つがあります。

 

まず一つ目ですが、取引所やウォレットで二段階認証を設定すると「バックアップキー」が発行される場合があります。

 

このコードをメモしておくことで、万が一スマホを紛失した場合でも二段階認証時にコードを入力してログインすることができます。

確実な方法の一つですが、このキーを発行してくれないところもあります。

 

その場合は2つ目の「QRコードをスクリーンショットする」手法を使います。

例えば、「ブロックチェーンウォレット」で二段階認証を設定するときは以下のようなQRコードが表示されます。

このQRコードが表示された画面をスクリーンショットしておくと、万が一登録していたスマホを紛失しても新しいスマホで読み取って登録することができます。

 

この方法の注意点として、「QRコードは同じものでなければいけない」という点があります。

紛失したスマホが読み込んだQRコードと全く同じものを、新しいスマホにも読み込ませなければならないのです。

そのため、最初に二段階認証設定をするとき表示されたQRコードだけをスクリーンショットするようにします。

 

一旦二段階認証設定を無効にし、再び有効にするとき表示されるQRコードは、最初のものとは全く別物ですのでそれを読み取ってもログインできません。

 

ですので、初回登録時に必ずQRコードをスクリーンショットする」「スクリーンショットしたデータは必ず印刷するかUSBで保存する」ということを徹底してくださいね。

スマホを機種変更したらどうすればいい?

スマホを機種変更する場合も、基本的にバックアップをとってさえいれば問題はありません。

バックアップキーをメモしておいたのであればキーを入力したり、QRコードをスクリーンショットしてあればそれを読み取ればOKです。

 

ただ、機種変更時はまだQRコードを読み取ったスマホが使える状態ですので、

 

  • 取引所やウォレットの設定欄で二段階認証設定を無効にして、新しいスマホで新しいQRコードを読み取り有効にする

 

という方法が一番確実です。

まとめ

二段階認証設定およびGoogle認証システムは、自分の資産を自分で守るために非常に大切な機能です。

バックアップをしっかりとり、万全な状態で取引を行いましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

0xのZRXをpoloniexに送金する方法

NO IMAGE

カルマのICO参加方法

【会員限定記事】カスタムトークンの追加と送金方法

FaceterのICO参加方法

NO IMAGE

【会員限定記事】ICOの参加方法

LivetreeADEPTのICO参加方法